新型コロナウイルスの
取組みについて


「コロナ禍克服対策本部」を設置
専用のアカウントを開設して府民の声を取集分析し、新型コロナ関連対策の施策案等を研究・立案・レポート作成しています。
・専用のアカウント:ishin.osaka.p@gmail.com

吉村知事への緊急要望・申し入れ
コロナ禍で厳しい状況がつづくなか、吉村知事とともに新型コロナ対策を推進する立場から、令和3年度既に緊急要望と申し入れを11回行いました。 ワクチンの大規模集団接種会場の早期設置、保健所の人員確保、時短協力金の追加申請や迅速支給、さらには緊急事態宣言の発出や延長要請等々について、知事と真摯な議論を交わしました。

Topics


知事への提言
(令和3年度 大阪府施策についての提言)

新型コロナウイルスは、現代社会に生きる私たちに、大きな苦しみと試練を与えています。府民・事業者の皆様には、感染予防の取組みや緊急事態宣言に係る要請へご理解ご協力をいただいておりますことに、感謝を申し上げます。また、医療従事者の皆様には、府民の命を守るため、長期間にわたり、日夜ご尽力いただいていますことに、重ねて感謝を申し上げます。
維新府議団は、府民の命を守ることを最優先に、コロナ禍を克服するため、所属議員一丸となって、総力を尽くしており、この難局を乗り越えた先に、大阪の成長・発展があると確信しています。
しかしながら、コロナ禍による影響だけではなく、グローバル化の進展やデジタル化への対応など、日本社会の急速な変化の中で、行政においても多様化する諸課題への対応に迫られており、自体運営、行政サービス、学校教育、医療福祉において、新たな価値観による施策展開やパラダイムシフトを伴う政策実行が求められています。
大阪が、世界に大きなダメージを与えているコロナ禍を克服し、グローバル社会の中で国際競争力を高め、日本の成長をけん引する大都市となり、府民一人ひとりが、健康で、長寿で、豊かで、輝く人生を送ることができる 未来 を確かなものとするべく、発展し続ける大阪の未来都市ビジョンとして、本提言を取りまとめました。
本提言の内容が、府政の施策に反映されますことを切に願い、所属議員の総意として、その実現を要望いたします。

令和3年8月6日
大阪府知事   吉村 洋文 様

大阪維新の会大阪府議会議員団
代 表 森   和臣
幹事長   杉江 友介
政調会長   笹川 理
総務会長   西林 克敏



中央大階段・吹抜ホール(大阪府庁本館)

維新府議団ちゃんねる


【杉江友介・森和臣】
文書通信交通滞在費等と政務活動費大阪府議会の比較
大阪維新府議団
コロナ克服本部会議の
果たす役割と活動(2/3)
土井達也
皆様の声を聞かせてください
三田勝久
大阪の発展は「港」から



組織体制


Facebook