新型コロナウイルスの
取組みについて


「コロナ禍克服対策本部」を設置
専用のアカウントを開設して府民の声を取集分析し、新型コロナ関連対策の施策案等を研究・立案・レポート作成しています。
・専用のアカウント:ishin.osaka.p@gmail.com

吉村知事への緊急要望・申し入れ
コロナ禍で厳しい状況がつづくなか、吉村知事とともに新型コロナ対策を推進する立場から、令和3年度既に緊急要望と申し入れを11回行いました。 ワクチンの大規模集団接種会場の早期設置、保健所の人員確保、時短協力金の追加申請や迅速支給、さらには緊急事態宣言の発出や延長要請等々について、知事と真摯な議論を交わしました。

Topics


知事への提言
(令和4年度 大阪府施策についての提言)

いのち輝く未来社会のデザインをテーマに、未来社会の実験場をコンセプトに掲げた大阪・関西万博が開催される2025年は、SDGsの目標年である2030年の5年前であり、SDGs達成に向けた取り組みを加速させる絶好の機会といわれています。

SDGsの基本理念は、誰一人取り残さないことです。コロナ禍に苦しむ多くの府民に、この言葉を実感していただける政治が、今ほど求められているときはないと確信します。そして、持続可能な大阪の基礎を、開催まで1000日を切った万博開催までに築き上げるためには、国際金融都市の実現、次世代の府民を育てる教員が本来業務に集中できるよう様々な負担を軽減すること、第一次産業の生産コスト増への適応、府域の成長・発展につながるまちづくり、府民の安心安全の強化といった諸課題への対応に、今ただちに着手する必要があります。

本提言は、コロナ禍を打ち破り、さらに輝く大阪を実現すべく、取りまとめを行ったものです。大阪維新の会大阪府議会議員団所属の全議員の総意として、その実現を要望いたします。

令和4年8月4日
大阪府知事   吉村 洋文 様

大阪維新の会大阪府議会議員団
代 表    久谷 眞敬
幹事長    杉江 友介
政調会長   西田 薫
総務会長   橋本 和昌



中央大階段・吹抜ホール(大阪府庁本館)

維新府議団ちゃんねる


2022年9月定例会
9月定例会の代表質問を終えて
中野稔子
一般質問者にきく(中野稔子)
岡沢龍一
一般質問者にきく(岡沢議員)
松浪武久
万博に向けて観光活性化
紀田馨
城東区関目2丁目の
寝屋川北部地下河川工事現場
富田武彦
矢田南部地域のまちづくりビジョン
(ラスパ大阪の跡地利用)



組織体制

Facebook